2009/02/14.Sat

江戸川乱歩



 アメリカ史上もっとも偉大な文豪の一人、エドガー・アラン・ポーの誕生200年を記念した記念切手が今月16日にアメリカ郵政から発行される。


1809年ボストンで生まれたエドガー・アラン・ポーは1841年に史上初の推理小説と言われる「モルグ街の殺人」を発表し、
推理小説の父とも呼ばれる。
また、詩人としても1845年に発表された「大鴉」を代表に、後世に多大な影響を与えた。
日本でもその人気は高く、「怪人二十面相」などで知られる推理作家の江戸川乱歩はエドガー・アラン・ポーを
もじった筆名であるのはあまりにも有名な話だ。


今回の発行は「大鴉」に焦点をあてており、切手を20枚収めたフルシートには「大鴉」の一節がプリントされている。
他にも切手が収められた「大鴉」の記念冊子が同時発売される。

未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |