--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/04/26.Thu

水かけ

みず



この切手の絵を見た時、なぜ若い女性に水をかけるのか不思議に思った。テレビでタイの水かけ風景を最近見たことがあるので、何かフェスティバルに関係しているのかな、と思って調べて見るとやはりそうだった。



この切手はイースターを記念する切手で、ハンガリーではイースターの月曜日に若い女性に水をかける習慣があったそうだ。今では水の代わりに香水を振りかけるそうだけど、昔は田舎でバケツ一杯の水をかけたそうで、その昔の風景が切手の図案になったというわけ。この習慣のルーツを探ると、一つはキリスト教の洗礼からきているという話と、キリストの墓を守る兵士が「キリスト復活」のうわさをエルサレムの女たちが広めないように水をかけて追い払ったことに由来するという話(以上、ハンガリー郵政の話)もある。



町の子供たちの習慣としては、香りつきの水をかけながら、短い歌をうたってお返しのプレゼントをねだるのが今風だとか。



日本でも裸の男たちに水をかける祭り風景を見たことがあるけれども、「水をかける」という風習、世界中で探したらいろいろ出てくるかもしれないね。知っていたら教えてください。







スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。