--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/08/28.Fri

会社沿革

■1991年               
・郵趣サービス社から分離独立
・中国、チェコスロバキア、ハンガリー、マーシャル諸島、モナコ、
 パプア・ニューギニア、スウェーデン、アメリカ郵政の代理店となる。
・国際切手展PHILANIPPON’91(晴海国際展示場)にアメリカ郵政として参加。
 スウェーデンとモナコ郵政については側面援助する。
■1992年                           
・マルタ、ミクロネシア、モンゴル、北朝鮮、サンマリノ、トルコの代理店となる。
■1993年                           
・チェコスロバキアがチェコとスロバキアに分割される。(両方の代理店に)
・フィンランド、国連の代理店となる。
■1994年                            
・ベトナムの代理店となる。
■1995年                            
・香港での国際切手展に参加。各国との協議。
・オーランド、ブータン、ニュージーランドの代理店となる。
■1996年                            
・マカオ、ポルトガル、ルーマニア、イギリスの代理店となる。
■1997年                            
・ドイツ、ロシア、台湾の代理店となる。
■1998年                            
・ベルギー、フランス、オランダ、ニューカレドニア、スイスの代理店となる。
・リスボン(ポルトガル)国際切手展参加。各国と協議。
・サンタランド(フィンランド)オープン式典に招待される。
■1999年                            
・カナダ、トンガ、バヌアツの代理店となる。
・メルボルーン国際切手展(オーストラリア)に参加。各国と協議。
・カンザス(アメリカ)でのアメリカ郵政国際代理店会議出席。
・香港、マカオ、中国歴訪。郵政との協議。
■2000年                            
・アナハイム国際切手展(アメリカ)に参加。各国と協議。
・ジャージー島における各国郵政会議に参加。
 (各国郵政:イギリス、ポルトガル、マカオ、ジャージー等。)
・台湾郵政に招待され表彰受ける。(台湾地震救済活動)
■2001年                            
・マレーシア、南アフリカの代理店となる。
・香港との取引開始。
・国際切手展PHILANIPPON’01(東京ビッグサイト)に、16カ国の郵政代表として参加し、
 特にフィンランドからムーミンを誘致して人気を博する。
・シカゴ(アメリカ)でのアメリカ郵政国際代理店会議出席。
■2002年                            
・ピトケアン島、サモアと取引開始。
■2003年                            
・ウクライナの代理店となる。
・オーストラリアと取引開始。
■2004年                            
・フランス国際切手展に参加。各国と協議。
・デンマーク、スロベニア、ノルウェー、シンガポールの代理店となる。
・オーストリアとの取引開始。
■2005年                            
・エストニア、フィジーの代理店となる。
・シドニー国際切手展(オーストラリア)に参加。各国と協議。
■2006年                            
・ポーランドとの取引開始。
■2007年                            
・アンチルの代理店となる。
・バンコック・アジア切手展に参加。アジア各国と協議。
■2009年                            
・バチカンの代理店となる。
・グリーンランドの代理店となる。
スポンサーサイト
会社沿革 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。